グループ発祥は1920年代荷車作りを生業としていました。

「お客様に喜ばれる荷車を作りたい」との思いから、1947年に『小野谷屋車輌店』として車輪作りを本格的に始めました。そのモノづくりへの情熱は1961年、国産初の電動式タイヤチェンジャーの生産へとつながったのです。それ以来、タイヤを事業の中核としたONODANIグループの夢の歩みが始まりました。

小野谷機工㈱が、国内オンリーワン技術で開発製造したタイヤチェンジャーをはじめ、チッソ充填機、リフトなどタイヤサービス関連機械を提供。全国にアフターメンテナンス網を配備し「愛着ある機械を使い続けたい」というお客様のご要望にお答えしています。

エコ事業では、1967年には北陸リトレッド㈱がタイヤ再生事業にいち早く着手し、更生タイヤを製造販売しています。小野谷機工㈱が開発した廃タイヤ粉砕処理機械を活用し、廃タイヤをチップ状に粉砕し、燃料に供給するといった、資源のリユースにも力を注いでいます。

1979年に発足したタイヤセールスグループは、福井県内に7店舗のタイヤ専門店を展開し、タイヤやホイールを販売するほか、車検整備・板金塗装も取り扱いし、自動車ユーザーのあらゆる相談にお答えします。全国販売や海外販売を担うネットショップも成長の力になっています。

福祉事業を担うサンライフ小野谷は、2000年から介護用ベットのレンタル・販売事業からスタートし、2004年、越前市の中心市街地に医療連携型有料老人ホームを開所してから、クリニック、通所リハビリテーション(サンライフリハセンター)、在宅介護事業所、訪問リハビリ等次々と事業を立ち上げ、成長しています。

街に開かれ、「心から高齢者が元気になる」環境づくりを実践しています。私たちは、どこにもない「技術」「エコ」「福祉」事業を通じて、日本に地域になくてはならない企業グループを目指します。

会長/三村 昌之  社長/三村 健二

ページトップへ